仮に超高性能な人型オナホールとセックスする時代が来たとしよう

今現在オリエント工業という世界最高峰のラブドール企業が存在するが、仮にああいったラブドールにAIが搭載されて実際にセックスできる時代が来たとしよう。

 

セックスが終わった後の片付けも自動でやってくれたりするかもしれない。というより、自分で勝手にシャワーとか浴びてくれるかもしれない。

 

そうなるとめんどくささもないし、ロボットだから充電だけさせておけばいいし、最高じゃないだろうか。

どこまでの機能が搭載されるかは分からないが、ラブドールという特性を活かしてキスとかフェラチオとかが出来るようになったらこれはもう最強だと思う。もはや生身の女は必要なくなるだろう。

 

ただそこまでの機能が果たして搭載される日が来るのかどうかは疑問だ。以前から言っているが、人間の舌というのは神の最高傑作と言っても過言ではないだろう。

 

あれを無機物で作り動かすというのは、向こう10年程度ではとても達成できるとは思えない。

 

逆にそれが出来るようになった日にはその他の機能は全て搭載されているだろう。普通に会話も出来る様になると思う。それくらい舌の再現というものは難しい。

 

ただ穴に突っ込んで喘ぎ声を出させるくらいなら簡単に搭載できそうだが、それではあまりにも安っぽいというか、面白みにかける。

 

今後のセクサロイド業界がどのような展開をしていくか非常に楽しみだ。VRによるバーチャルな世界も楽しみだが現実世界に天使を降臨させて欲しい。