オナホールをクソというには色々な検証が必要であるということ

よくオナホールを買って「ハズレ」だと断定する口コミがある。

 

しかし、そのオナホールを本当にハズレだと断定するには早いと私は思うのだ。1回使って壊れてしまうならともかく、壊れても居ないオナホールをゴミ箱に投げ捨てる前にまずは思い直して欲しい。

 

まずは温めたのかということ。温めることで飛躍的にポテンシャルが高まるオナホールというのは存在する。

そもそもオナホールを温めないで使うということ自体がありえないということに気づいて欲しい。冷たい女体などないだろう。

 

そしてローションの種類及び量。ローションには多くの種類があるが、オナホールとローションの相性というのも確かに存在する。

そして、オナホールに付属してくるローションがそのオナホールにとってベストな組み合わせではないことも往々にしてあるのだ。

 

できればローションは複数種類用意して、ある程度何度か試してみて欲しい。

そして量だが、あまり入れすぎると刺激が足りないし、少なすぎると痛かったりする。これもひとつの要因となる。痛い場合はローション不足を疑ってもいいだろう。

 

そして最後が使用回数だ。最初は痛くても使っているうちに神オナホールになるものはある。

 

最初は苦痛だが少なくとも10回程度はならしだと思って使ってほしい。一度使ってクソだと決めつけるにはまだまだオナホールの奥の深さがあることに気づいていない。

そのオナホールの持っているポテンシャルを最大限に引き出した上で、自分には合わないと思えば、それはあなたにとってはクソなのである。